1. 戻る 
  2. 株式会社カットシステム
  3. 書籍
  4. 「WSL 構築と利用」

WSL 構築と利用
Windows 10で利用するLinux環境

表紙画像
著者 川口 直也
判型 B5変型、280頁
ISBN 978-4-87783-484-5
価格 本体3,000円
発行日 2020年2月10日 (初版第1刷)

本書について

 「Windows上でUNIX用のプログラムが動作する!」そんな目標を掲げたソフトウェアがこれまでいく度も登場してきました。筆者はかつてCygwinにお世話になった世代です。同世代の人にはCoLinuxを選択した方もいたでしょう。かつて、VMがまだメジャーになっていない時代に計算機のリソース消費を抑えつつ異種OSのプログラムを実行させる取り組みがいくつもありました。

 それから長い年月が経ちましたが、Windows Subsystem for Linux(WSL)はそうした取り組みの集大成のようなソフトウェアです。WSLでは本家のUbuntuが動作します。また、aptコマンドでリポジトリからLinux用のプログラムを直接ダウンロードしてインストールすることが可能です。かつて、Windows上でUNIX用プログラムを実行できるソフトで、これほどの完成度を持ったものは存在しませんでした。

 筆者は本書の執筆にあたり、WSLの魅力を広範に伝えつつ、なるべく定量的なアプローチでWSLの完成度を測るよう試みました。また、LinuxでもWindowsでもない、WSL独自の設定項目などについても詳細に解説を行うことを目標にしました。

目次