1. 戻る 
  2. 株式会社カットシステム
  3. 書籍
  4. 「Python活用ハンドブック]」

Python活用ハンドブック

表紙画像
著者日向 俊二
判型A5判、296頁
ISBN978-4-87783-472-2
価格本体2,400円
発行日2020年1月10日(初版 第1刷)

ダウンロードサービス:学習に使えるサンプルファイル

本書について

 Pythonは単純なプログラムから高度な目的にまで活用できる優れたプログラミング言語です。

 Pythonには、基本的な機能を提供する一連の関数が組み込まれていることに加えて、さまざまな機能を提供するモジュールと呼ばれるプログラミングのパーツが提供されているので、それを利用することで高度なことを容易に実現することができます。

 本書では目的別にPythonを活用するための組み込み関数やモジュールとその使い方の例を示します。たとえば、集計・統計に関する演算を行う方法や、MicrosoftのオフィスドキュメントをPythonのプログラムで読み込んで利用する方法から、サウンドの鳴らし方まで、広範囲のテクニックを取り上げます。

 本書で扱うのは比較的頻繁に使われる重要なテクニックです。基本的なモジュールとして公式ドキュメントの「Python 標準ライブラリ」に掲載されているモジュールだけでなく、組み込み関数と、別に提供されていて便利に使えるモジュールもいくつか取り上げますが、当然ながらあらゆるモジュールをカバーしているわけではありません。また、開発ツールやフレームワークに関することは扱いません。

 本書は、必要に応じてやりたいことが書かれている項目を読んでも構いませんし、Pythonの入門書などでPythonの最も基本的なことを学習した後で本書全体を通読してPythonの使い方を整理したり、Pythonでできることを把握するのにも役立ちます。さらには、本書で関数とモジュールの使い方を理解すれば、本書で取り上げていないモジュールの使い方を理解することに大いに役立つでしょう。

目次