1. 戻る 
  2. 株式会社カットシステム
  3. 書籍
  4. 「C#によるWindowsシステムプログラミング 第2版」

C#によるWindowsシステムプログラミング
第2版

表紙画像
著者北山 洋幸
判型B5変型、504頁
ISBN978-4-87783-468-5
価格本体4,800円
発行日2017年1月10日(初版 第1刷) 2019年10月10日(第2版 第1刷)

ダウンロードサービス:学習に使えるサンプルファイル

本書について

 本書は、C#の入門レベルを終えた方々やソフトウェア開発に長く従事してきた方々を対象として、C#を使った本格的なシステムを開発するときに悩むようなことがらを中心にまとめた書籍です。

 C#は、プログラミング入門者にとって比較的習得が容易な言語ですが、使いこなすとなると話は別です。本書は、C#特有な機能を使いこなすレベルまではいかなくても、いろいろな言語をマスターし、システム開発にも慣れ親しんだ人が、C#を使用してシステムプログラミングを行うのに最低限必要と思われる内容を解説します。たとえば、目的の性能を達成するための方策を知りたい場合や、あるいはオープンソースのプロダクトなどと融合したシステムを開発したい場合などを想定しています。

 本書は、C#や.NET Frameworkを体系的に学びたい方々を対象とした書籍ではありません。そのかわり、C#に慣れてしばらくした頃に読み直すと良さそうな題材を厳選しました。一般のC#入門書では解説しないデータ型の基礎、マネージドコードとアンマネージドコードの融合、並列処理の基礎、並列処理で問題となるGUIとスレッドの関係、データ並列、デリゲートとラムダ式、同期処理、フォーム間やスレッドからのコントロールアクセス、そしてプロセス制御などを解説します。入門書を読破して簡単なプログラムを開発できるようになった人が、実際のシステムを開発するようになったときに読んでほしい内容としました。

目次