表紙画像

32/64ビットの共存
Win32/64 APIシステムプログラミング
コンパクト版

本書の記載内容について訂正があります。
こちらを参照してください。

本書について

 本書は『Win64 APIシステムプログラミング』と『Win32 APIシステムプログラミング with Visual C++ 2008』をコンパクト化した書籍です。
 一連のAPI書籍は、2000年3月に発売された『Windows 2000時代のWin32 APIシステムプログラミング with Visual C++ 6.0』を起源とし、改訂や増補を重ね現在の『Win64 APIシステムプログラミング』と『Win32 APIシステムプログラミング with Visual C++ 2008』へ至っています。内容は充実しましたが、皮肉なことに増補を重ねたため、それが書籍を厚くし、かつ価格も安いものではなくなってしまいました。

 本書は、このように肥大化し価格と共に複雑になった書籍を、システムプログラミング入門者に分かりやすくするため、前記の書籍をコンパクト化したものです。初期に企画した、基本的なシステムプログラミングのみに特化した書籍の要望が強かったため企画しました。

対象読者
プログラミングを一通りマスターし、次のステップであるAPIを使用したい人
スレッドやプロセスなどを効率的に組み合わせ、システムプログラムに挑戦したい人
32ビットと64ビットプログラミングの違いを理解したい人

目 次