カットシステムの書籍のご案内

情報演習7 ステップ30
C++ワークブック

著者 黒木 啓之
判型 B5判、140頁
本体価格 800円
ISBN 978-4-87783-822-5 C3004

本書について

 C++言語は、C言語のようなプログラム言語と異なり、「オブジェクト指向プログラミング言語」と呼ばれるものです。オブジェクト指向プログラミングとは、、簡単に言えばある決まった処理を1つにまとめ(このまとまりをオブジェクトと呼ぶ)、プログラムをなるべく簡単に書けるようにしたものです。

 本書は、C++を学習する為に、必要な内容を30ステップに分け、1日1ステップ ずつでも無理なく覚えられるワ−クブックです。また、1ステップ毎に演習問題 を付けてありますので、自分の学習力が確認でき、C++学習のはじめの一歩に 最適です。

対象読者
・初めてC++を学ばれる方
・C++の活用法を覚えたい方
・仕事でC++を使わなければならない方
・講習会や研修用の教材をお探しの方

目 次

Step01  C++とは

Step02  画面に出力するには

Step03  計算をするには−変数の利用

Step04  変数を使った計算

Step05  数式の特殊な書き方と除算の注意

Step06 型を変える・値を固定する

Step07 sinやlogを計算する・#で表される処理

Step08 キーボードから入力をするには

Step09 フローチャートとは

Step10 条件によって処理を変えるには

Step11 if文の特別な書き方

Step12 if文に複数の条件を書く

Step13 多分岐の処理をするには(switch文)

Step14 繰り返し処理を行うには

Step15 徐々に数値を変えて処理する

Step16 条件を満たす限り繰り返すには

Step17 繰り返し文を中断する処理

Step18 配列とは

Step19 配列の初期化と多次元配列

Step20 ポインタとは

Step21 ポインタと配列、文字列との関係・参照

Step22 文字列の取り扱い

Step23 自分で関数を作るには

Step24 関数の型と戻り値・関数の位置とプロトタイプ宣言

Step25 関数に変数の値を戻す

Step26 グローバル変数とローカル変数

Step27 クラスとは

Step28 オブジェクトの利用方法

Step29 クラスを再利用する−継承

Step30 ファイルを利用した入出力を行うには

索引

採用実績

国士舘大学、山口大学